カテゴリ:経済( 23 )

最近、浅草~上野界隈を面白いバスが・・・。

都バスのラッピングかなにかかなぁ?と思っていると
なんと
こんなチラシを発見!!!!
スカイツリーシャトルだ!!
c0159605_1274736.jpg


c0159605_1283178.jpg


浅草上野だけでなく、
東京や羽田からもでているよう!

ちなみに、上野浅草を回るタイプは
毎日15分おきに運行して
しかも200円(乗降1回)

これはよいかも!

ちなみに、私は浅草鮒金に所用でお買い物した際
このチラシを
いただいてきました~!

だから鮒金さんの
スタンプが(笑)。
ココの佃煮は最高です!
浅草土産に喜ばれるはずですよ。

というわけで、
こんなに近いんだから
近日中に
東京スカイツリータウンに行くぞ!!!!


クリエイティブエージェンシー ミュー
『編集してデザインする』
エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功しております。


facebook クリエイティブエージェンシー ミュー
[PR]

by muse-9 | 2012-05-25 12:13 | 経済
サーモス(THERMOS)に限ります!

c0159605_17283557.jpg


かなりの保温効果があり、しかも、長時間経っても相当あったかいのが持続されていておすすめです。
ちなみに、夏はめちゃくちゃひんやりが継続されます!

まさに一年中離せない保温器具!
もう4~5年使っていますが、かなりおすすめですよ。

クリエイティブエージェンシー ミュー
『編集してデザインする』
エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功しております。


facebook クリエイティブエージェンシー ミュー
[PR]

by muse-9 | 2011-03-18 17:33 | 経済
やってきました久々のビッグサイト。
c0159605_8181334.jpg


今日の目的は・・・。
c0159605_8184444.jpg


エコプロダクツ2010!
子どもも楽しめるイベント盛りだくさんということもあって、仕事半分家族サービス半分でやってきました~。
c0159605_8192864.jpg


やっぱり木の温もりを感じることができるスペースが・・・
各ブース本当に素晴らしく、真剣でしかも大発見有りで、行って良かったです。。
c0159605_819261.jpg


結局一日中過ごし、帰りはきれいにライトアップされたビッグサイトを後にしました~
c0159605_820429.jpg


クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


[PR]

by muse-9 | 2010-12-12 08:21 | 経済
c0159605_14225143.jpg


こんな見本市があったんですね~。
デジタルサイネージ ジャパン 〔DSJ〕 2010 in幕張メッセ
お知り合いの方に招待状を頂いて、行ってきました!

そもそも『デジタルサイネージ(Digital Signage)』とは、『電子看板』のことだそう。

iPadも発売され、デザイン業務に携わっている身としてはこれからのために必要かと思って視野を広げに行ってきました

いやー、本当に勉強になります。


例えば・・・
・気軽に携帯でラーメン屋の店主がとった動画を、商店街の看板ディスプレイに送信して流せる。
・商業施設の看板がiPadのようにタッチ画面で動いてお店の詳細情報までみられる。
・雑誌誌面をディスプレイにかざすだけで、雑誌に掲載されている以上の情報がドヒャーッと登場して、購入画面まで進むことができる。
・いろいろな大学の図書館や一般の図書館を関連先としてリンクさせて、自分に相応しい本(例えば理系の学生はこういうものを読んでますとか)がどこの図書館にあるかを、アマゾンのように分かる。
・テレビ画面の下に各テレビ局のツイッターを連動させてタイムリーな情報を流す。
・インターホンを鳴らすと、海外にいても動画が見られて対応でき解錠できる。


これは、ほんの一部です。
iPad が看板になったような感覚。
もちろん巨大画面の美しさや、新しいアイディアも満載。


私のような素人ではどこまでついて行けるか心配でしたが、本当に丁寧に皆さん教えて下さるので、とっても分かりやすかったです。
もちろんあまりに専門過ぎて分からない部分もありますけどね(笑)。

いずれにしても、ものすごい刺激を受けて帰ってきました。
今日と明日も開催していますので、ぜひぜひ足をお運び下さい。








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


[PR]

by muse-9 | 2010-06-10 07:15 | 経済
私自身、郵政について再確認をした。

------------------------------------------------------------------------------------------
日本郵政株式会社
設立年月日 2006年1月23日
日本郵政株式会社法(2005年10月21日法律第98号)に基づく
本社所在地
〒100-8798東京都千代田区霞が関一丁目3番2号
電話番号:03-3504-4411(日本郵政グループ代表番号)
資本金 3兆5,000億円
◉株主 財務大臣 100%
従業員数 3,332名
連結ベースの従業員数は、229,134名
主な事業所 人事・経理集約センター1、健康管理事務センター1、健康管理施設48、ファシリティセンター7、病院14、宿泊施設71、郵政資料館1
■ 博物館・病院・宿泊施設■
業務内容 グループ会社に対する経営管理
------------------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------------------

株主は国民が選挙で選ばれた代議士で財務大臣に指名された者である。
選挙で選ばれた代議士は国民一人一人の一票の重さがある。
大臣の意見は国民の発言である。
郵政の資産(建物、宿舎諸々)資本は国民の税金で成り立っている。
民営がになったら政府に変換するべきである。
JR、NTT、電力会社など

前 西川善文社長は関西神戸と繋がりが有るらしく神戸のオリックスとはお友達らしい。

はたして、齊藤次郎氏は亀井氏、小沢氏に加えて『ナベツネ』ラインはおいたをせずに進めてほしいものでね。








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


[PR]

by muse-9 | 2009-10-23 15:18 | 経済
「脱官僚」やら「官から民へ」が泣くぞ・・・。
というのは、本来の問題点ではない!

日本郵政の新社長に齊藤氏が内定したニュース。
各紙社説では天下りを指摘しているようだが、問題点は別にある。

『なぜ、73歳が社長なのか!』

日本郵政をもっと長い目で見たときに、明らかにこの年齢の選択は間違っている。
しかも辞任した西川氏は71歳であるわけで、新社長がなおご年配とは驚きだ。

他に相応しい人がいないというのも、かなりの問題だ。
亀井氏が若くて優秀で先見の明がある方をご存知でないという、なんとも情けない人脈を露呈したことになったのではないか。

日本郵政こそ行政刷新会議にかけてみてはいかがですか?
仙石さん(←応援してます)!!


日本郵政
c0159605_17352846.gif








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


[PR]

by muse-9 | 2009-10-22 13:13 | 経済
当社は版元さまとお付き合いをしているがここ最近の出版事情が大きく変わってくるのを感じている。
先月9月初旬に中堅出版社『ゴマブックス』が東京地裁に民事再生法の適用を申請した。
ここ近年では中堅出版社としては最高の負債額約38億2000万円であった。
噂ではゴマ社員は最短で企画から入稿までを3日で納めた者もいるらしい。

GOMA BOOKS:ゴマブックス
c0159605_1436201.jpg


『ゴマショック』により取次ぎが新刊の発刊を自粛するようにと通達が有った出版社もあったみたいだ。
どうも内容は「売れない書籍を出すと何かあるらしい。」
このなんかが解る人は感のいい人でしょう^^
…何も通達が無かった所もあるところもあった。

出版不況と言われているがそれに平行して読者離れ比例している。
この責任はいったい誰の責任であろうか?
自分の本を出したい編集者による同人誌化?
売掛で荒儲けの取次ぎ?
教育現場での活字離れによる人口減少?

次に出版界は押し寄せてくる再販制度と末端小売業の書店問題をクリヤーしていけるのだろうか?








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


 
[PR]

by muse-9 | 2009-10-21 14:39 | 経済
ここのところ、大日本印刷(DNP)が誌面を賑わしている。
・DNPが主婦の友社の株を計39%取得
・DNPがブックオフの議決権の17・89%を持ち、筆頭株主

出版業界に携わる我々としても、目の離せないニュースだ。
これについて、やはり言及したい。

再販行為が許される書籍(新刊)と、逆に再販行為を維持すると独禁法違反になる中古とが、関係を持つという不可思議な行為。
でも、私の個人的な意見としては、「DNP良くやった(8割程度賛成)!」といいたい。

というのも、再販制度自体に問題があると常々思っていたからだ。

あらゆる先進国を見ても、未だに再販制度が残っているのは日本だけである(ウィキペディアの表より)。
著作物再販制度の制定主旨は、資料が無く明確なことはわかっていないとある。
文化的配慮説を主張している関係者は多いが、それも、今となっては時代錯誤もいいところだ。

では、その再販制度の恩恵を受けているのはどこか??
それは業界関係者全部ではないか!?

①書店
一度店に並んでも、売れない本や汚れた本は、出版社に返品可能

②出版社(版元)
返品されたものを、まるで新品かのようにカバーを変えて再度流通へ。

③取り次ぎ
①と②の繰り返しで、間でホクホク

皆さん、どう思われますか。
他の業界ではありえないことが、まかり通っているこの不思議さを今回のニュースで浮き彫りにさせたのではないだろうか。
出版不況といわれるのも当然だ。
安定思考の再販制度下では、この厳しい資本主義世界で残ることも難しいわけで・・・。

私は、公正取引委員会はじめ、関係各所に再販制度について考えるいいきっかけであると思っている。
いっそ、本当に『文化的価値』を保護するのであれば、再販制度は廃止した方がいいと思う。

そうすれば、『本当に良い書籍しか世の中に流通しない』と思うからである。
今、無駄な書籍があまりに多い。
いわゆる、ブログで済むだろうという類のものだ。

しかし、『本物は強い』!
本音で話し合って、本気で作り上げた、本物の書籍こそ、後世に残すべきではなかろうか。
この厳しい時代だからこそ、人の本質が勝負である。
金儲けのためだけでなく、人に「喜んでもらうため」に何かを生み出す
そういった本来の人としての善の部分で勝負していきたい!と願う今日この頃である。

しかし、これは理想なのかなぁ・・・。
やっぱり生活していかないと話にならないしね。

最後に、DNPの2割の反対理由について。
図書流通センター(TRC)は、やりすぎかなと・・・。
全国の図書館が利用するTRC
神聖な「図書館」に一部の人のみ口を出す権利が多くなってしまうことは恐ろしいように思うが、いかがだろう。

最後に、出版業界がこれだけ経済面を賑わすのは、正直言って嬉しいものだ。
現状に甘んじていてはいけない、何とかしないといけない、という思いが伝わってくる。
現場の人は大変かもしれないが、大いに激動して、良い書籍をともにつくろうではないか!




クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


[PR]

by muse-9 | 2009-05-14 15:09 | 経済
組織運営でよくあることは派閥争いなどがる。
派閥で色々と悩む人も居ると思うがまだましなところがあると思う。
派閥により自社が倒産をすることは皆無に近いのでは無かろうか。

よく創業者がワンマンでる事は確かである。
はじめから1人で走り続けているから常に二者択一である。
選択は自分自身で判断していくが判断した結果を出すために人を人材を確保していく。
 経営は連続性で資産を確保していく。
その為、ワンマン社長の場合組織の為に意見を言うことは換言耳の痛い事であり、評価の低い社員になる。
そんな経営者の評価の高い社員は自分の事をYesマンの組織で固められる。
確かに創業者の立場になれば自分の言った事を早く『忠実ハチ公』がである動物が一番評価の評価の高い人間になる。

ワンマン社長が悪いとはいわない。
だが、確実ではあるがワンマン社長も歳にはかてずパワーと気合いは徐々に衰えるか、突然死が関の山である。
まぁ、組織であればその前に2代目が出てくるか、本田宗一郎のように信頼の置ける人に経営が渡るケースが多い。
その際、残った社員はYesマンのみなので羅針盤とし経営者として強引に方向を示せば内紛状態におちいり、ヨイショをすれば経営破綻か、よくてM&Aか、銀行屋が入ってくるのが目に見える。
その為、2代目などは勉強会に行ったり、コンサルなどを頼んだりして、言われた事しか出来ないYesマンの社員に経営(営利目的)を考えさせる事ように教育していくの至難の業である。

お前は『Yesマンだ!』証拠
・経営者が決めた日時にはどんな事をしてでも仕上げさせるヤツ。(労働基準法に引っかかっても)
・自分に意見指示を言わない部下。(ハチ公君)
・決済で自分で責任を負わず団体で負って結局は無かった事になってします。(5人組君)
・経営者に「お前が決めろ」と言われ汚れ役を演じるやつ。(汚れ役&掃除屋)
・部下に呼捨てをしているヤツ。(お銚子次ぎます増す君)

自分の周りには『Yesマン』は居ますか?
どのような人が居るのが『Yesマン』なのかコメントを頂けると幸いです。




クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


[PR]

by muse-9 | 2008-10-10 04:05 | 経済
いい動きが広まっている。
今日のニュースで『みずほ銀行がATMで携帯電話使用禁止へ』とあった。

振り込め詐欺の典型的な例として携帯電話で誘導するという手口を防止するためだという。
先月から静岡の掛川信用金庫では『携帯電話のご使用はご遠慮下さい』としたポスター等を貼ったという。
他に、長野のJAなどでもこういった動きがあるようだが、大手では今回初のようだ。

まず、ATMで携帯電話を使っていること自体あやしい
いい動きだと思った。

皆さんは、ATMで携帯電話を使用している人を見かけたことはあるだろうか。
私は、携帯電話ではないがあやしい現場を目撃したことはある。

以前ATMで、若いカップルがATMの操作をしていた。
しかし、どうやら女性の方は日本人ではない様子。
いかにもチンピラのような風貌の彼がとなりであーだこーだ言いながら操作している。
「人は見た目が9割」という本の影響か、あれはあやしい。
カップルを装った振り込め詐欺では・・・。
と疑ったものの、まあラブラブのようだし違うのかなぁ、とその場を後にしたが、どうも歯切れの悪い経験をした。
まあ、典型的な日本人というか、声をかけられなかった自分が情けないというか・・・。

いざ、現場でもしかして?と思っても、そこで声に出して相手に話しかけるというものはなかなか勇気のいることである。
だから、今回のように携帯電話を使用しないという大原則を作っておけば、多少正義感のある一般市民(笑)もまあ楽なわけで。
ポスターの掲示やステッカーだけでなく、携帯電話を使うとブザーが鳴る装置の設置を検討していると言うからぜひ期待したい。

それにしても、ボビーオロゴンの弟アンディオロゴンさんは、よくぞ盗撮の男を取り押さえた!
勇気ある行動にあっぱれ。





クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


[PR]

by muse-9 | 2008-07-17 10:36 | 経済
←menuへ