人気ブログランキング |

カテゴリ:育児・教育( 18 )



最近、子どもが保育園で覚えてきた。
すごいうける。
というわけで、早速動画検索したら出てきましたぁ。

ところで、ケロポンズという二人組って誰じゃ?と思った方、以下のリンクを早速クリック。
二人とも幼児音楽を専門でやってきた一流みたいです。

ケロポンズプロフィール





クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


一昨日、初めて息子を怒った。

3歳になった息子はいい意味で積極的になり、悪くいうとちょっと凶暴になってきた。
まあ、いわゆる『第一次反抗期』ってやつである。

噛んだり、「ヤダ!」だったり、生意気な口調でカチンとくることもしばしばあり。

怒りの発端は『赤いブーブー』だ。

テーブルからわざと突き落とし、だんだんエスカレート!
今まではこれもかわいいかと思っていたが、昨日は悪意を感じた。
まあ、叩きつける感じである。

かわいそうなトミカの『赤いブーブー』

思わず、「いたいいたいしてるでしょ!ごめんなさいしないとだめ!」
と真剣なまなざしで初めて怒ったのであります。

するとすると、半泣き。
口元がぎゅーっと悔しそうに、歯を食いしばり、「やだ!」と必死の反撃。
「ごめんなさいできないんなら、赤いブーブーはお母さんのものだからね!」

これまた大粒の涙を流しながらも声を出さずに食いしばってる。

んー、「ごめんなさい」はそんなに悔しいものなのかねぇ。
こんな小さいのにわかるんだなぁ・・・。

若干感心しながらも、なかなか謝らない息子。

その後結局大泣きをして、私に抱っこされながら「一緒にごめんなさいしようね。」ということになり、渋々小声で「ごめ・・・」といったのである。
後半は聞こえなかったなぁ(笑)。

そのまま疲れ果てて布団の中へ。

すると手を伸ばして、「お母さん好き」だって。

きゃー!もう!
3歳なのにツボを知ってるねぇ~。

あんたには甘くなっちゃうよ。
思わず「お母さんも好きだよ」ってぎゅーっとしちゃった。

さて、次の日、赤いブーブーは打って変わって「大事大事!」されていました。
肌身離さずもっているんだね~。
しかしまあ、これもいつまで続くやら・・・(笑)。

子育て、これからが本番かな???





クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


一昨日、2歳の息子が熱を出した。
久しぶりの熱、約半年ぶりぐらいだろうか。

最近目まぐるしく多忙な日々を送っていた。
7月に入ってろくに休みも取っていない。
保育園がお休みの土日もあまりかまってあげず、家族でお出かけなんて無縁状態だった。
「世の中は夏休みなのに、申し訳ないな~」
と思っていた矢先、保育園から「高熱がでています。お迎えを・・・」の電話。
この忙しいときに困った・・・、と一瞬でもよぎる薄情な親だ。

しかし、迎えに行けば想像以上にぐったりしているではないか。
本当にごめん。
今まで我慢してきたんだな~。
もっとかまってよ!という思いがこうさせてしまったのかな~、と自分を責めたりして。
いつの時代も、親はこういうモノなのかな?

今日から8月。
もう少し体調が整ったら、一緒にまた大好きな電車を見に行こう!





クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


47%、すごい数字だとは思わないか。
半数近くの私大が定員割れをおこしている。
定員の半分に満たない大学も5.1%もあるというからもう大学って何?という域ではないか。

たいした勉強もせずに、「大学卒業」という学歴を得られる時代。
不思議でならない。
制度自体を見直した方がいいのはもちろんだ。

しかし、自分が選んだ学校を好きになれるだろうか。
まして、教える側の教授も、誇りを持てるのだろうか。
何を学ぶかということは、最も基本的なことだが、「どういう姿勢・環境で学べるのか」ということが、大学生活のキーポイントのように思うがいかがだろう。




クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


久しぶりにファミレスはジョナサンに行った。
子ども向けのサービスが徹底していて、親としてはかなり快適に過ごすことができたぞ。
子どもドリンクバーが無料サービス中ということで、最初からコップを持ってきてくれたし、おかげで料理が出てくるまでの時間、普段ならぐずってしまう我が子も、このサービスにより上機嫌で待つことができた。
もちろんながら、子どもメニューも(もちろん大人向けも)充実していた。
他のファミレスも、子ども向けのサービスは頑張っているんだろうな~。
夏休みだし、これからますます忙しくなるだろう。

さて、ファミレスとは「家族でたまには外食するか~」といった、楽しみな場所だろう。
もちろん、一人でのんびり、友達とダラダラというのも、私も経験したがなかなかいいものだ。
しかし、最近の家族連れの客で変な光景をみないだろうか?
私たち家族は何度となく目撃しているのだが・・・。

・DS持参&熱中している子ども
・漫画本熟読中の子ども
・全く会話なしの家族


どれもこれもおかしいと思わないか?
なんだか、見ているこっちが虚しくなってきて・・・
今に我が子もあんな風になってしまうのかと、今から心配しているのである。

家族の会話が何よりも大事だろうに。
しかも、基本的に、ご飯食べながら子どもがそんなことしてたら、親が注意するのが当たり前だと思うがいかがだろうか。
私が時代錯誤なのかな~。
今、家族で外食するときにどんな光景が普通なんだろう。
皆さんも、変だなぁと思う光景見たことありませんか?




クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


いやー、大分県たたかれてますなぁ・・・。
私の周りの教員も憤慨しています。

ともあれ、以前教員採用試験を受験した友人の話を聞いたが、不思議な話があったので、書き留めておこう。

かれこれ10年近く前のことだ。
東京都の2次試験のだったと思うが、集団面接や個人面接、当時は模擬授業が初めて行われるという現場もドタバタの状態だった。

そんななか、個人票というものに、名前やら受験番号を記入して持参するのだがその項目に、『親族に東京都の教員がいればその方の名前を明記して下さい』という欄があったという。

なぜ??
受験者個人の試験じゃないの?
その友は地方出身と言うこともあり、そんな親族が東京にいるわけもなく空欄で提出したという。

不思議な話だとは思わないか?
幸いにしてその友は合格したが、私は今回の大分県教育委員会の汚職でこのことをふと思い出した。
教員採用試験は全国でこの7月オンパレードだろう。
どうか教職を目指す若人の芽をつみ取らないで欲しい。




クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


『モンスターペアレント』という言葉をご存知だろうか。
先日、久しぶりに遊びに来た教員の友人も、「うちの学校にもモンスターいてさぁ~」と使っていた。

『モンスターペアレント』とは・・・。
学校に対して自己中心的で理不尽な要求を繰り返す保護者を意味する(ウィキペディアより)
ようだ。

言ったもん勝ちのような横柄な態度で、教員や管理職、教育委員会などに出向いてくる親ども。
ありゃあ、頭がおかしい。
常識的な範囲でまっとうな意見は大いに参考になるしありがたいものだ。
しかし、自分の子どものことしか考えてない親も多いのだろう。

教員の皆様、お疲れ様です。
そんなことに対応している暇があったらよっぽど生徒と触れあいたいですよね。

さてさて、本題はここから。
なんと、モンスターは他にもいたのだ。
それは、産婦人科!
『モンスターハズバンド』が急増しているという。

・妻への男性医師の診察にセクハラだという
・陣痛時に立ち会った際、「こんなに痛がっているのに何もできないのか」と苦情をいう
・個室希望なのに個室がないならどこかに部屋はあるだろうと怒鳴り散らす

まあ、なんと情けない。

そりゃ、出産の痛みはなんともいえない。
死と隣り合わせだと感じる人もいて当然のことだ。
しかし、そんな痛い思いして子どもを授かるから子育てががんばれる。
女の体にはそういう強さは持ち合わせてある。
父親になるんならそのぐらい分かれ!

しかも、産婦人科医師が激減している中、男性医師を逆に励ますべきではないか。
一日何十人、何百人という妊婦さんを診察しているわけだから、そんな気が起こるわけもないということぐらい、想像つかないのだろうか。

こういう人が親になるというんだから・・・。
自分もまともな親か、まともな子育てができているのか自問自答を繰り返しながらそれでも日々子どもと生活している。
だから、一概にこういうモンスターを非難できる立場でもない。
しかし、もう少しモラルをわきまえたらどうなのだろう。

想像力が欠如しているのだろうな。
自分が学校や院に文句を言うことで、どれほどの労力と時間が子どもたちのために注がれず、本来の目的が果たせなくなるかということぐらい容易に想像できると思うのだが・・・。

まあ、正当なことは言っても、決して『モンスター』にならないように気をつけなければ。
だって、一番の被害者は我が子なわけだから。








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


昨日の橋下府知事の涙の映像、皆さんはご覧になっただろうか。
市町村長と意見交換会でのことだ。
1100億円の削減を目指す知事は、市町村への補助金削減案を説明したが、市町村側の猛反発にあった直後のこの出来事。

市町村長の方々よ、大人げないではないか。
文句ブーブー言うだけで、全く具体案が出ていない。
ありゃあ、みんなでよってたかっていじめているようにしか見えんぞ!!

彼の功績は大きい。
大阪の財政が危機的状況だ!と彼が知事になるまで誰も声を大にして言わなかったではないか。
彼は、それを浸透させた。
府民だけでなく日本全国に。
今のままではまずいんだ、という意識を府民に植え付けただけでも、ものすごい功績だと思わないか。
市町村長の方々にそれはできたのか?
府の援助をあてにするのは二の次で、自分の市町村から見つめ直してみてはどうだろう。

今朝の朝刊で、公立高校の入学金・授業料の滞納一覧が出ていた。
悪いが、大阪は群を抜いてダントツのワーストワンだ。
入学金にいたっては、全国で317万円滞納。
そのうち、大阪は310万円を占めるというありさま。

ひどい話ではないか。
先日千葉の高校でも入学金未納で入学式に出席できなかったニュースが流れたが、私は校長を擁護したい。
生徒が犠牲になるのは大問題ではあるが、保護者が金を払わないなら、義務教育ではないのだから、それなりの処置を考えるのは当然だと思う。

それが、大阪ではずっとうやむやにしてしまっているということであろう。
授業料未納の額は06年度だけで2億2千万超えという大阪。
ちなみに、他の都道府県は億単位の所は一カ所もない
秋田・石川・京都・愛媛・長崎・熊本・大分・沖縄に至っては、未納0円と優秀自治体だ!
恥ずかしいとは思わないか、大阪府よ・・・。

「当たり前のことを当たり前にする」ことを大人がまず示すべきだ!!
お金がないなら、いくらだって助成制度がある。
かわいい我が子のためならどんな工面をしてでもきちんと払って入れてやるのが親のつとめだろう。
これは、大阪府民に限らず、日本の大人たちにいえることだと思うが・・・。

とにもかくにも、橋下府知事、ぜひこれからも頑張れ!!

ただ、あえてひとつ提案を。
『改革』は、180度がらりと変えるやり方もあるけれど、徐々に徐々にあまり気づかれぬうちに「あれ?そういえば・・・」というやり方もありますぞ。
参考までに。








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


また、いつもの悲しい事件があった。
鹿児島のパチンコ店で、駐車場に子どもを放っておいて、熱中死させてしまった。
男児1歳7ヶ月。
かけつけたときには、すでに心肺停止状態だった。

しかし、今回の事件はいつもと違う。
パチンコ店内には、外部委託の無料託児所を設置しているという。
この母親は、そこに預けようとした。
しかし、定員(15人程度)いっぱいだったということで断られている。


さてここで疑問だ。
パチンコ店内に託児所は必要だろうか?
そもそも、母親たちは日中なにをしておるんじゃ?
少なくとも、このパチンコ店には、15名の親が子どもと遊ばずにパチンコしていることになる。
息抜きしたい親の気持ちは私も経験上良くわかる。
しかし、今子どもと遊ばずにいつ遊ぶんじゃ!!
こんな幼少時代を過ごす子が、大きくなって親のいうことを聞くはずがないことぐらい、ちょっと想像すれば分かることではないか。

駐車場に乳幼児放置の事件は一時期ものすごく報道され、それを受けての託児所併設になったのかもしれない。
パチンコ店側は客の要望に応えた形になっているかもしれない。

しかしながら、託児所を利用する上で、時間制限等の約束事はあるのか。
毎日毎日何時間も預けていたら、それはもう親失格だし、保育園と変わらない料金を取るべきだ。
映画館に託児所があるんだからパチンコ店にあってもいいだろう、と言うひとがいるかもしれない。
でも、映画館はたかだか2時間程度だ。
親のリフレッシュにも丁度良い頃合いだし、預けられる子どもにとっても親恋しくなる頃である。
コンサートだって、美容院だって、その他どんな施設だって、「終了の時間」が明確なはずである。
パチンコ店はどうなのだろう。
実際利用したことのある人に伺ってみたいものだ。

そもそも、家事も育児もやってパチンコなんてやる暇あるのかい?と思うのは私だけだろうか・・・。








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


桜が見ごろな上野公園内にある『国立科学博物館』
今はダーウィン展を開催しているが、他の常設展もかなり充実していて驚かされる。

今日は昨日の続き、第2弾として国立科学博物館の常設展について触れていこう。

結構どんな美術館や博物館でも、企画展や特別展ばかりが取り上げられ、いつでも行ける常設展は「ま、いいか」といった感じで企画展ですっかりくたびれて、回らないことのほうが多いのではないだろうか。
たとえ、回ったとしても、流して見てしまうような・・・。

いやはやこれはもったいない。
常設展は相当価値あるものが展示されている場合が多い。
今回は国立科学博物館の常設展に初めてお邪魔したが、はっきりいてダーウィン展並みに楽しめた!!
子どもたちにしてみたら、きっともっと楽しみ方を知っていることだろう。

春休みということからか、結構平日でも家族連れに出くわしたが、小学生などは生き生きして、楽しそうであった。

どんな中身があるかというと・・・。

まず、一番驚いたのが、『シアター360』という映像だ。
ただの映像ではない。
360度の音と映像に包まれるまさに驚きの世界。
プラネタリウムが足の下まであるようなものを想像していただけるとわかりやすいだろうか。
愛知万博で流されたものを前半やったので、行かれた方は見たことがあるかもしれない。
とにかく、球体の中に入ってそこがものすごくきれいな迫力満点の映像と音の世界なのだ。
たかだか8分程度なのだが、前半は森のなかに包まれ、後半は、地球のマントルの変動について、本当に体感した。
地球を内側から見てみるなんてそうそうできる経験ではない。
土井さんは宇宙から見ているが、私はバーチャルであるが内部から見ているとなんだか不思議な気持ちにさせられた。
これは、一見の価値あり。
子どもは間違いなく喜ぶであろう。
まだ、子どもとどこにも出かけていないなという方は、花見もいいが博物館もいいですぞ。

他にも、恐竜の模型や実際の化石、最新の地震研究によるリアルタイムの地震状況。

私たちは、例にもれず途中でくたびれてしまったので、日本館の一部しか見ていないが、ぜひ、足を運んで見てほしい。
ボリューム満点なので午前中から行くことをおすすめするが・・・。

いやー、博物館には夢とロマンがあふれている。
大人も十分楽しめて童心に帰れますぞ。


妻という、いちばんおもしろそうな標本
国立科学博物館 第2弾





クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


←menuへ