<   2007年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

旅行・地域

『まぐさ』の皆様へ。

クリスマスイブから1泊、家族3人でお世話になりました。

他の方々の口コミに書いてあったとおり、食事は質量共に最高でした!!
舟盛りは時間がたっても全く水気が出ることもなく、新鮮で、本当においしかったです。
また、息子(1歳2ヶ月)の分も食事を出してくださり、とてもありがたかったです。
しかも「都会のように華やかにはできませんけど・・・」と
ケーキとシャンメリーをサービスして下さったのです!!
さすがにこのサプライズには私も主人もびっくり。
ありがとうございました。

c0159605_0224128.jpg


部屋にはお子さんが手作りしたというかわいいツリーまで飾って下さり、本当に温かいおもてなしを受けることができました。
部屋、トイレ、お風呂どれをとっても清潔感があり、とても快適に過ごすことができました。

クリスマスのいい思い出になりました。
ぜひまた息子が大きくなったら、お邪魔しますね。
本当に本当にお世話になりました。

http://www.jalan.net/uw/uwp3000/uww3001.do?yadNo=357735&stayYear=2008&stayMonth=1&stayDay=19&dateUndecided=1&rootCd=77







クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


[PR]

 現在のメーカーとカスタマーの間ではバブル経済時代、伝統工芸、地場産業において、製造に力を入れていた。情報化社会になり製品の機能と価値を見出してきたが、IT時代、すなわち情報高速化がなお加速している。Web2.0が話題になる前は一部の専門家による座談でしかなかったが、インターネットから書籍へ紹介されることにより情報ツールが高度になった。そして、現在ではWeb2.1などバージョンアップ論が騒がれている。 

 情報化によりワールドワイドにより、コストダウンの思想が広まってきた。国内での製造メーカーは今までの生産ラインでは機能美が重視されてきた製品にユニバーサル化が求められてきた。そして、デザインを取り入れる事により製品の差別化、高付加価値化を見通す事によりメーカー自身の存在価値を主張しなくてはならない時代になってきた。デザインの分野でも加速化に対応する為に製品の開発段階からマーケティング、広報・宣伝、販売といったオールインワンのビジネスプロセスを戦略的に捉えられる幅広い知識・技術を持ったデザイナーの存在を育成する為に『スーパーデザイナー養成講座』が開講された。

 この講座の目的として、商品開発にパートナーとして共に取り組む、マネジメント能力の高いデザイナーを育成するためのカルキュラムがくまれている。ビジネスや社会の問題にデザインの視点から戦略的・俯瞰的に取り組むことができる優れた能力を持った「スーパーデザイナー」の育成を目指しています。
専門大学による基礎的知識と技術を卒業し、デザイン業務を5年以上程度のインハウス、フリーランスデザイナーを対象にしている。「TOKYO  Design Support Program」の一環として、東京都、産業技術大学院大学、(財)日本産業デザイン振興会が連携して実施したスーパーデザイナー養成講座を約2ヶ月間受講し、修了いたしました。

デザインプロフェッション&プラクティスコース 38コマデザインのモデル
カルキュラム内容
・知的財産戦略
・プロジェクトマネージメント
・マーケティング
・財務会計
・デザイン分析1、2
・情報編集術
・デザイン品質マネージメント
・提案営業
・デザインの視点
・ケーススタディ(コボデザイン)
・ブランド開発実習(太田コレクション)
・商品開発実習(府中技研)
・ドローイング&プレゼンテーション








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


[PR]

すごーい
 毎年この時期にあの日がやってくる。今年でキリスト誕生から2007年目にあたる。キリスト教神父によりこのイベントは誕生した。日本にこのイベントが強引に輸入されたのも私の憶測ではあるがフランシスコ=ザビエル君が伝導したのではないかと思われる。

 以前の幼い私はタダでモノをくれる奇特なおじさんがいると思っており、大変に親近があった。ただ、子供ならビジュアルイメージはあるもののコッソリ来て、何も言わず枕元にプレゼントを置いて行く人。言い換えればヒゲが生えており、大きな袋をもってコッソリ家の中に入ってモノを置いていく人。つまり不法侵入の犯罪者ではないだろうか?ちょっと怖い思いをしていたが子供の考えだけにタダでモノをくれる奇特なおじさんが優先してしまっていた。

 天皇の『人間宣言』と同じように、彼の存在もある日突母親の口から然正体が明かされた。「実は家に来ていたサンタさんはお父さんだったの……どうしてお父さんだったのかと言うとねウチは『仏教徒』だからサンタさんは来ないの。家がキリスト教だったら他のお家みたいに来てくれるんだけどね」ガーンとしました。何がガーンかというとヤッパリモノをくれる人がいない事にガーンときた。
 母の話はまだ続きました。
「だけどね家は『仏教徒』だからお正月とういう現金が貰える『お年玉』があるからサンタさんお願いなくても自分の現金があるから好きなモノが買えるよ」と言われた。

今となっては懐かしいおとぎ話で母の言葉の裏にはサンタではないサターンが潜んでいたと思えるついこの頃……。

Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B9
●由来
4世紀頃の東ローマ帝国小アジアの司教(主教)、キリスト教の教父聖ニコラウスの伝説が起源である。「ある日ニコラウスは、貧しさのあまり、三人の娘を嫁がせることの出来ない家の存在を知った。ニコラウスは真夜中にその家を訪れ、屋根の上にある煙突から金貨を投げ入れる。このとき暖炉には靴下が下げられていたため、金貨は靴下の中に入っていたという。この金貨のおかげで娘の身売りを避けられた」という逸話が残されている。
●公認サンタクロース
グリーンランドに住む長老サンタクロースの補佐をする目的で、グリーンランド国際サンタクロース協会が1957年に設立された。グリーンランド国際サンタクロース協会が認定する公認サンタクロースは現在世界に180人。
c0159605_18202345.jpg








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


[PR]

by muse-9 | 2007-12-20 18:22 | 海外
私のお気に入りイルミネーション♪
c0159605_8381253.jpg
イルミネーションというと、ロマンティックに冬の夜を彩る。

しかし、私は、こんな場所にも十分ロマンを感じてしまう。
そう、お寺。
浅草寺のライトアップは圧巻である。

クリスマスの夜。
きれいに着飾っておいしいディナーを素敵な夜景の見える場所から・・・
と過ごすのも悪くないかもしれない。
が、そんなお金のかけ方をするのなら、年が明ける前にお賽銭片手に神仏(キリストも含めて)の前に立ち、今年一年の報告とお礼をするのもいいのではないか。
おすすめデートコースである。

すると・・・心が浄化される。
あ~、日本人で良かった。


*浅草寺ミニ情報
夕方は5時で本堂は閉まってしまいます。
でも、その外にちゃんとお賽銭入れがありその後も人が行列を作ったりしています。
出世地蔵や子育て地蔵などもたくさんお参りスポット(?)が構内にはあるので楽しめますよ。
ちなみに昼間は本堂の中まで入って(畳で)参拝できるんです!
エレベーターもついて、車いすやベビーカーでも楽ちん。
トイレも大がかりに改装したばかりなのでめちゃくちゃ綺麗です!
ライトアップは10時か11時までやってたと思います。

http://www.tokyoguide.net/spot/1/
c0159605_912882.jpg








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


[PR]

毎年、この時期になると必ず購入するもの。
新年を迎えるにあたって、『自分へのお歳暮』とでもいうべき、楽しみに待っているもの。
そう!!
『年末ジャンボ宝くじ』なのであります!
「もし当たったらどうする?」
って、忘年会の挨拶言葉みたいなものでしょう!

発売直後に買う人も多いようであるが、私の経験上最終日に購入する人も結構多いです。
もちろん私も「残り物には・・・」系ですがね。

さてさて、今週金曜日までですので、私もそろそろ買おうかと、いろいろネットで調べてみました。
すると、すごいすごい今は面白いですね。
開運グッズはもちろんながら、全国の当たる売り場を回ってくれる購入祈願代行サービスなんてのもあるんです。
驚き。
宝当神社も今ではすっかり有名になりましたよね。

でも一番面白かったのはやっぱり、公式キャンペーンサイトの『3億円体験ゲーム』。
今までもあったのか良くはわからないが、私にとっては初めての経験。
性格もわかるというので早速やってみた。
西田敏行の「3億円当選おめでとう」でスタート。
あとは『グルメ』やら『社会貢献』やら『住宅』など、普通に思い描きそうなものを項目別にしてあり、ネットショッピングのように何を買うのか選んでクリックしていくというもの。
すると、残高がだんだん減っていき、残りは貯金で終了。
ちなみに、私は堅実型。
まあ、実際手にしたら使いまくってしまうかもしれないが・・・。

今日を含めてあと3日。
皆さんはどんな夢を買いますか?

http://www.jumbo-takarakuji.jp/index.html







クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


[PR]

by muse-9 | 2007-12-19 08:24 | 経済
昨日は浅草寺の『羽子板市』に行ってきた。
17,18,19日の3日間開催するようだ。

今年活躍した面々の羽子板が見事に並んでいる。
ハニカミ王子、ハンカチ王子、白鳳、東国原知事、IKKO、スパイダーマン(?)・・・と多彩で、見るだけでも十分楽しめた。

一緒に行った友人は小さな凧を購入していた。
正月用ということだそうだ。
なるほど、確かに『羽子板市』にあやかって、いろいろな職人の技光るものも売っていた。

そんな中、私が目を引いたのは「神棚」。
起業にあたって、最近我が家には小さな神棚を設けた。
一通りの神具もそろえ、なんとなく、それっぽくなってきて、毎日の挨拶が日課となっている。
羽子板市の神棚は立派なものが多く、かなり目を引いた。
そんなものを見てしまうと、やはり将来、大きな立派な神棚を購入したいな・・・と思う。
立派な神棚にふさわしい仕事をしていかなければ。
c0159605_0103947.jpg








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


[PR]

by muse-9 | 2007-12-18 08:36 | 地域
 受胎告知では無いが夫婦が優秀なDNAを子どもを授かる時代背景であり、主人公の両親は自然妊娠を選択した。この事により主人公『ヴィンセント』は生まれた瞬間にDNA検査をされ障害と寿命時期を告知される。

 近未来を設定しているこの映画では完璧なDNA(身体)持っている人が普通で、一見普通の人に見えても持病などを持っているがフェイクであるレッテルを張られる。

「障害と寿命時期を告知」という運命と「憧れにすすむ」という人生。

人生によって運命(寿命)を乗り越える所にこの映画の魅力を感じる。
そして様々な人間関係の中で検査員が主人公に憧れと希望の言葉を贈るが、この言葉の意味には2つの面から見た言葉であったのが象徴的であった。
c0159605_22263664.jpg

c0159605_13101024.jpg








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


[PR]

ダグラス・マッカーサー陸軍元帥は引退表明の際、演説で「老兵は死なず、ただ消え去るのみ(Old soldiers never die; they just fade away.)」と当時士官学校で流行っていた歌詞を引用したモノらしい。

いままで4年間勤めきた『情報センター出版局』を退職した。
『情報センター出版局』以前は研究職であったので退職というモノを経験した事が無かった。最初はマッカーサーの言葉のように「ただ静に消え去るのみ」と思い、周りの人にもあまり辞める事を告げず静かに立ち去ろうと思っておりました。

部下に「今日は何時頃帰りますか?」と聞かれたので「定刻通りに帰るよ」と伝えた。時計というモノは時間を気にすると心がドキドキするものではあります。定刻10分前に以前上司であった人が「飯村さん退職のご挨拶をお願いします」と言われたのでかなりビックリしました。正直、最後のスピーチなんてモノは考えていないモノですから『えっエッえっ?』って感じで席を立ったら室内は大半の社員が集まって来ているのに大変ビックリ、吃逆であった。

挨拶として
「皆さん4年間色々とお世話になりました。
退職の日が近づくにつれて4年間の人生を自分の中で何回も振り返る事が多かったです。そんな中、私の人生の中で良かった事、幸せな事というものは64%だと思います。そして、悪い事、心が落ち込むことが36%だったと思います。感の良い人はこの数字の意味が解ると思いますが、私の中での『情報センター』での時間は幸せの64%のなかに含まれていると思います。
皆様、今まで本当に心から感謝しております。」と、言いました。そのあと、部下であった2人が代表で花束と贈り物をしていただき感動と涙があふれるのをこらえました。その後、陰に隠れて押さえきれず、最後に挨拶が出来て大変良かった事と部下が代表で挨拶をしていた事で心から2人と出会えて大変良かったと頬から涙が落ちました。

最初はマッカーサーの言葉のように去って行こうと思っていましたが、最後の挨拶では美空ひばりが歌っていた小椋佳の『愛燦燦』のメロディーが流れるものですね。
http://www.history.navy.mil/photos/pers-us/uspers-m/macart-l.htm
c0159605_0533824.jpg








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


[PR]

首相が選んだ今年の漢字は、なんと『信』だそうだ。

おいおい、それはあなたの「願望」よね。
と、思わずつっこみたくなる的外れの回答に唖然。
記事によると、なるほどねじれ国会故の民主党との信頼関係構築のためかともあるが、それにしても、日本中で誰がこの漢字を今年の漢字と投票するだろうか。

「来年も『信』を追求していかなきゃいかんですね。」
とコメントしたそうであるが、追求は大いに結構。
是非とも国民から信頼回復してほしいものだ。

さて、昨日ニュース速報でテレビでも流れたが、佐世保のスポーツクラブでの銃乱射事件。
同じ人間のすることかと怒りさえ覚える。
子どもを巻き沿いにするとは尋常でない。

教会で容疑者自殺とのことだが、家族は熱心なキリスト教信者であったとのニュースにまたまた怒りがこみ上げる。
キリスト教は無差別テロのように銃乱射OKなんてことを教えてるのかい?
私は別に無宗教だが、無差別テロ推奨している宗教なんかあるか??

しかも、近所でも悪評高いこの男に銃所持を許可していたと言うから驚きである。
どんな審査で許可していたのじゃ、公安委員会!
そもそも銃なんて一般人がなぜ必要なのかわからない。
うちのご近所がもし持っていたら、私だって動揺が隠せないし、誰を信じていいのかさえわからない。

いつになったら『信』じあえる日本になるのか・・・。
福田さんよろしくお願いしますよ。

末筆ながら、亡くなられたお二方のご冥福をお祈り申し上げます。







クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


[PR]

自分の為では一人よがりになり、一人の為にベストを尽くせば自ずと人々の為へと共鳴する。

-------------------------------------------
ターゲットにたいしてコアターゲットを明解にする。
この事により個々の意識体のにより共通意識が働き、必然的に共鳴をされる。

ステレオグラムとトリック画像が1980年から1995ぐらいまで流行った。2枚の画像を眼球の焦点を移動する事により立体視できたり、文字やロゴが浮かび上がって見える。この見方を「平行法」「交差法」などと言われている。

私の記憶が正しければ、初期実験の段階で全て砂目で表現されているランダム・ドット・ステレオグラム (Random Dot Stereogram, RDS)は特定の人数(A)に実験したら数%の人しか認識できなかった。他国での特定の人(B)に実験しても数%しか認識できなかった。特定(A)に絡繰りを明かしをしたらほぼ全ての人達が認識された。そして特定(B)の人達に絡繰りを明かさなく新たに実験した際、半分位の人々が認識できるようになった。別の国でこの実験をしたら半分ぐらの認識をするようになり、徐々に各国で認識率が上がっていった。

ここで考えられる事は他国(距離)で言語(伝達手段)も違う人々でも同じ種族(?)、生物上の共通意識が働く可能性が高いと考えられる。
この事で、一人の人に理解されれば共通意識が働き、共鳴されるのではないかと考えられる。

-------------------------------------------

画像は
『ウィキペディア(Wikipedia)』RDS
ステレオグラム: Stereograms, Stereographic Animations, Phantograms, and Moreから引用
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E4%BD%93%E8%A6%96
c0159605_238215.jpg








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


[PR]

←menuへ