人気ブログランキング |

<   2008年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

一昨日、水戸市の千波(せんば)湖での事件をご存知だろうか。
白鳥や黒鳥の死骸(しがい)が、頭から首にかけて棒のようなもので殴られたような跡があり、巣の卵も割られていたという事件だ。

春になっていやな事件が続いたばかりだ。
福岡、群馬、長野他日本各所で大量のチューリップが切り落とされた。
それだけではない。
桜の枝やパンジー、ボタンまで抜き取られたり切断されたり・・・。

こんなとき、童謡「春よ来い」をぜひ思い出してほしい。
1番のみいちゃんの方は良く知られているが、2番の歌詞もなかなか感慨深い


春よ来い 早く来い
歩き始めた みいちゃんが 赤い鼻緒のじょじょはいて
おんもへ出たいと 待っている

春よ来い 早く来い
おうちの前の 桃の木の つぼみもみんな ふくらんで
はよ咲きたいと 待っている



春の花たちはみんなそう。
寒い冬を乗り越えて「早く咲きたいよー!」って待っているのではないか。
人間だって、草花だって、こうして春を待っている。

自然が私たちにもたらしてくれるものは本当に大きい。
そういえば義母(相当お茶目な人である)がこんなことを言ってたな・・・と思い出した。
「大木に抱きついて英気を養うんだ!」という話。

みなさん最近大木に抱きついた経験なんてあるだろうか?
小さい頃ならまだしも、大人になって私はそんなこととんとご無沙汰していた。

ふと、その言葉を思い出した私は、早速昨日浅草寺の大木に抱きついてみた。
なんと、ポカポカ暖かいではないか~!
何十年も、何百年も生きてる静かな迫力がじんじんと伝わってきたように感じた。
こんな陳腐な言葉で申し訳ないが、ぜひ皆さんも機会があれば抱きついてほしい。

花だって、鳥だって、私たち人間と同じ命を持っている。

落書き→植物切断→動物虐待→人間・・・
次の犠牲者は間違いなく人間です。

学校の教室で、落書きがあったら、担任は真っ先に生徒に注意を促し掃除させる。
早い時期に、毅然とした態度でこれはいけないことなんだと気づかせないと、必ず大きないじめに発展するからである。
もちろん、校庭の草花の切り落としや、犬猫の虐待を経て・・・。

最近ニュースなどでも取り上げられているが、渋谷などの、繁華街の落書きをきれいにしようと、地元住民の方が活発に動いている地区が増えてきた。
とても良いことだと思う。
きれいにしておけば必ず犯罪は減る。
汚いままだとスラム街と化してしまう。

大変な労力だとは思うが、ぜひ、根負けせず頑張っていただきたい。

春なのにこんな寒々しいニュースばかりではいやだ。
というわけで、最後に。

花壇が荒らされチューリップ53本が盗まれた、いわき市立綴(つづら)小学校に、市内に住む女性がチューリップを7本贈ったという。
同校小学5年生の女児が通うピアノ教室の講師で、「学校のチューリップがなくなって寂しいでしょう」と、女児にプランターのチューリップを託したということだ。
他にも保護者らが激励に訪れ、校長は「地域に支えられている」と感激していたという。

まだまだ、日本には春のように温かい人の方が多い。








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない



こんな仕事もしています。
2m34s








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


by muse-9 | 2008-04-27 03:17 | ■Works
c0159605_1121277.gif

自称『ホームレス作家』の松井計さんの『家族挽回』書籍広告です。
雑誌中吊り広告はよくみますが、この広告から車内吊りの書籍広告が増えわだいになりました。








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


by muse-9 | 2008-04-26 11:05 | ■Works
今朝の新聞では、ビール業界で初の『共同配達』の記事を発見した。

業界2位のキリンビールと3位のサッポロビールが、北海道の一部地域で共同配送を始めるという。
メリットは以下の通り。
・年間375台分の大型トラックの稼働を抑えることができる(なんと現行の約半減)。
・二酸化炭素排出量、約24・4トン分(約2割)の削減
・ガソリン代など輸送コストの削減。

そして、両社の代表はこんなコメントを発表している。
キリンビールの小薮助憲常務
「環境負荷の低減で顧客利益につながるなら、競争だけでなく協調すべきと判断した」
サッポロビールの並木民夫取締役
環境を主要テーマにしたサミットが開かれる北海道の地から始めることに意義がある」

いやー、あっぱれ
なかなか見栄なんかが邪魔して、こうはできないのが世の常
頭も心も柔らかい今回の決断は本当にすばらしいと思う。

巷は、自分たちの利益ばかり考えて、周りが見えていない人たちのニュースであふれかえっているではないか!
・茨城の10億円着服国保連合会もと職員。
・米牛肉背骨混入発見、しかし牛丼継続の吉野屋。
・ゆとり教育をあんなに強く推進してきて早くも脱ゆとり宣言で現場教師困惑。
もう数え上げたらきりがない。

見栄や変なプライドは捨て去って、地球規模の広い想像力と視野をみんながもてば、こんなギスギスしたニュースなんかなくなるだろうに・・・。
もちろん、オリンピックだって、明日の長野聖火リレーだって!

さーて、私もキリンとサッポロを見習っていこう!








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


by muse-9 | 2008-04-25 14:38 | 経済
社団法人「日本音楽著作権協会」(JASRAC)を立ち入り検査したことが最近紙面を賑わせている。

そもそも、このニュースはどういったことなのか?
JASRACって何者なのか?
そして、著作権って何?
私なりに解釈したのでここでおさらいしようと思う。

今回、なぜ立ち入り検査かというと、『独占禁止法違反』の疑いからだ。

1939年設立以来、実に60年にもわたって著作権の管理委託契約を受けているJASRAC。
それが、2001年10月の「著作権管理事業法」施行で、『新規参入が可能』になったのにも関わらず、JASRACは著作権数で圧倒的、実に99%のシェアを占めるというから驚きである。

え?誰も新規参入しなかったの?
と思われるかもしれないが、そこがJASRACマジック
契約の仕方が『せこい』ため、他がなかなか入れなかったという現状がある。

どの程度『せこい』かというと・・・

例えば、スナックなどの飲食店を例に挙げてみよう。
JASRAC 管理曲を演奏する場合、なんと驚くなかれ、楽曲を何回演奏したか、という演奏の回数に関係なく契約を結んでいたのである!
では、何を基準に契約しているか。
それは店舗の客席数や床面積に応じて演奏使用料が決定される『包括的利用許諾契約』を結ぶことになっている。

どうです、『せこい』契約でしょう?

そのため、JASRAC 管理曲を少ししか利用しない飲食店にとっては負担が重すぎるのである。
そして、他事業者の新規参入もしにくい。
だって、包括して契約されてしまっては、その飲食店がJASRAC以外の(つまり新規参入事業者の)音楽を使用すれば、さらに費用がかかることになるからだ。
60年もの間続いたのなら、管理曲数だって一番のはずである。
結果、飲食店としては「それならJASRACでいいか・・・」ということになってしまうのである。

これが、今回問題の独禁法違反。
せっかく01年以降新規参入が認められても、利用者に何の利点も無いようでは、新規参入の意味がない。
競争が阻害される恐れがあると公正取引委員会は今回の立ち入りに踏み切ったのである。

さて、前出の飲食店の場合、もっと不思議なことが起こっているのをご存知だろうか?
なんと、演奏された曲目の明細書(報告書)を提出しなくても良いこととなっているのである。
えー!!
ってことは、誰に分配金を支払うか分からないのに、徴収するってことなのか?
おかしい話とは思わないか?

今回公取が立ち入りをしたのは、対放送事業等に関しての検査のようだが、この団体、不明な点ばかりで、今後が目が離せない。

ちなみに、これからのことを話そう。
ネット上のインタラクティブ配信では、著作権管理事業者が音楽配信会社から配信実績の全データを入手し、著作権使用料を詳細に計算することが可能になっている。
これまで、「全ての使用を把握するのは放送局側に負担増える」として包括的契約の正当性を主張してきたJASRACも、ネット配信のデータ化に伴い言い訳にしか聞こえない苦しい状況であることは間違いない。

最後に面白いネタをひとつ。
JASRACは「どこか、金を徴収できるところはねーか?」と探す団体でもあるようだ。
というのも、iPod などのデジタルオーディオプレーヤーを新たに対象機器とするように文化庁に要請していた経緯もある。
しかし、プレーヤーを所有しているユーザーのほとんどは、CD の購入やネット配信サービスからのダウンロードなどの方法で、正規に入手した音楽データをプレーヤーに複製(いわゆるメディアシフト)しているに過ぎないため、「権利者の損失は無いのではないか」、「著作権料の二重取りである」といった疑問、批判が国会議員や消費者を中心に噴出したという。

60年も続いた古い慣習なんてくそくらえだ。
著作権は作った人のものであり、JASRACのものではない!
今回の事件は、仲介業としての基本姿勢を失った結果ではないだろうか。

文部科学省(文部省)からの役員の天下りが50年以上続いているとの噂もあるくらいだから、まあ仕方ない、いつもの結末か?



ウィキペディア:JASRAC参照








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


by muse-9 | 2008-04-24 15:38 | 国内
今朝は、新聞を読みながら涙が止まらなかった。

本村さん、あなたは本当にすばらしい。
自分の妻子だけでなく、少年の命の重みについてまでも言及し、社会に訴えかけるその姿、言葉。
私自身、社会の一員として、確かにこの胸に刻みました。

山口県光市・母子殺害事件(99年)の死刑判決。
本村さんもすっかり安堵しただろうと思っていたが、彼は違った。
記事にはこうあった。
『「どうすれば死刑のような残虐な判決を下さなくてもいい社会ができるのか」と語気を強めた。』
『妻子だけでなく、元少年の命も奪われる可能性があることに「3人の命を社会は見つめてほしい」』
『社会のみなさまにも、どうすれば犯罪の被害者も加害者も生まない社会を作るのか、どうすればこういう死刑という残虐な、残酷な判決を下さない社会ができるのかを考える契機にならなければ、私の妻と娘も、そして被告人も犬死だと思っています。』

あなたの妻子は犬死にでは決してありません。

辞書にはこうありました。
『犬死に:何の役にも立たない死に方をすること。徒死。むだじに。』

私はそうは思いません。
本村さんの勇気ある行動が、あなたの妻子の命を輝かせたのです。
全国の人々の心に必ず届いていますから、どうか安心して下さい
事件があった当初はまだ良く実感のもてなかった私も、今結婚して子どももいる立場になって本当にあなたの気持ちがひしひしと伝わってくるのです。

少年の人生のことはもう本人と司法に任せて下さい。
そして、これからは9年間の呪縛から解き放たれて新しい人生を歩んで下さい。
これだけ家庭を愛し、人の命の尊さを感じ、社会に立ち向かう勇気と行動力を持ち合わせているあなたなら、きっと相応しい人が現れることでしょう。

二人の分まで幸せになることを天国の二人は一番望んでいるはずです。
どうかこれからは、自分のために生きて下さい。
心から、お疲れ様でした。



今回は、あまりに感傷的になりすぎたので、関連記事のリンクだけはらせていただきます。
死刑の存廃や裁判員制度等に関しては後日書かせていただくということでご勘弁を・・・。

・弁護団声荒げて批判
・日テレ系の記者会見出席拒否
・橋本知事、判決に沈黙








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない




5m59s
大学院研究制作課題です。
間延びをしている点があり、これも社会と『若と莫迦さ』の時間軸のズレを象徴しているのではなかろうか?
若かりし頃の為、未熟な点たたあり……ご了承願う。








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


by muse-9 | 2008-04-23 13:27 | ■Works
過去に編集制作をした2つのHPです。
----------------------------------------------------------------------------------------------
エキゾチック 港を往来するもの
===========================================================
c0159605_17234793.jpg


名古屋芸術大学大学院 『エキゾチック 港を往来するもの』これは、名古屋芸術大学大学院の都市造形演習(2001年4〜7月・茂登山)におけるプロジェクトである。
名古屋市港区のガーデン埠頭界隈をサーヴェイし、そこで個々人が見い出したエキゾチックなものについて、写真やコメントと共に関連ペイジへのリンクを設けた。


----------------------------------------------------------------------------------------------
Q.SUZUKI HARADA HP
===========================================================
c0159605_17243569.jpg


国内外で現代作家である原田久氏のHPを制作。国内外のアクセスが多く日本語と英語版があります。








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


by muse-9 | 2008-04-23 12:44 | ■Works
c0159605_16424774.jpg
日本でトップといっても過言ではない紙問屋『竹尾』。
その有名な展示会『TAKEO PAPER SHOW 2008』が昨日まで丸ビル7Fで行われていたので参加してきた。

最終日ということもあり混雑にやられた~。
そんな中、なんとかいろいろ見たり聞いたりしながら、情報収集してきた。

ほぼ毎年行っているが、正直、徐々に予算縮小している様子が感じられる。
以前のバブル期は杉浦康平や佐藤晃一、日本デザインセンターとコラボして結構盛大にやっていた感じはしたが。

そして、不快な感じが否めなかった今回のペーパーショーについて2、3意見させていただきたい。

まず、照明をグッと落とした暗い会場に並ぶ浮き出るようなショーケース
宝石店を思わせる展示方法は、毎回似たような手法だが、今回のはちょっとひどすぎた。
というのも、通路の幅が狭い
横2列がメインで端に縦1列の展示台が並んだ今回の直線形の見せ方。
見る方向が一方通行で混雑時にはとても見にくい。

私だったら、間違いなくこれとは真逆の展示計画をするだろう。
木の机に紙を置き、コンセプトを『一般生活の中にある紙』という設定にするはずだ。
本来、紙は加工され、もっと身近なものと化すはずである。
印刷され、例えば本として手に収まったとき、そんな真っ暗な中で誰が読むんじゃ?
紙が主役なのは分かるが、あれでは紙本来の使い方から逸脱し過ぎの展示である。

また、直線形の見せ方では、takeoの面々に質問があるときにどうしても1対1になってしまい、個人的な商談のような形で硬くなってしまい、あまりいい印象とはいえない。

私ならブース形式にして1対客層といったプレゼン形態を導入する。
それによって格段に見やすくなり、混雑による不快感も解消される。
また、気軽に質問もしやすい形態となり、より話も弾み、商談路線へ進む可能性だってあるはずだ。

さて、主役の紙についてであるが・・・。

かつては高級紙の代名詞であった中性紙であるが、今はそれでは売りにならないそうだ。
「インクジェット対応」だとか「レーザー対応」だとか、印刷の種類や用途によっての分け方を求められることが多く、中性紙という言葉は死語になりつつあるという。
中性紙ファンとしては悲しい現実を突きつけられた・・・。

今回は「ファインペーパー」という高級印刷用紙がメイン。
本当にきれいだったが、新商品と銘打っているわりには、そんなに何が違うのか?という感じだった。
総括すると、年々質が落ちているというところか。

最後に、今回学生の数がものすごく多いことに驚いた。
学生優待サービスのようなことも設定して来やすくしていたのだろう。
それはそれでいいのだが、肝心の企業人はあまり見ていないような・・・。
日曜日だからだろうか?
「竹尾」の紙を学生にしか堂々と自慢できないという現れではないか?とひねくれた見方をしてしまうぐらい、興ざめしてした展示会だった。

来年は行こうかどうしようか・・・。








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


『ドコモ』のコーポレートブランドの変更が発表になった。
情熱の赤と丸みを帯びた小文字で暖かさを表現したようだ。
c0159605_23131018.gif

下落の一途をたどるブランド力回復に向けて、経営方針の大転換を発表した。
これまでは新規顧客獲得を重視した戦略だったが、今後は既存顧客へのサービスを拡充し、利用満足度を上げ、顧客の囲い込み戦略に転じるようだ。

さて、ここでデザインに関わるものとして、何点か言わせていただきたい。

①なぜ「NTT」という文字をロゴに残してしまったのか?
これは「『ドコモ』として戦っていくんだー」という自信が全くない象徴ではないか。
旧体制の電電公社の頃の変なプライドのようなものの名残のような気がする。
私にこの依頼が来たら、間違いなくこのNTTは入れない!

②時期が遅すぎたのではないか?
ここまで落ち込む前の、『番号ポータビリティ』の導入時になぜ一新しなかったのか。
あの時点で、出遅れた感は否定できない。

③今後も『ドコモ』というブランド名で本当にいいのかということまで掘り下げて話し合ったか?
名前を変えるのは本当に勇気のいる決断であり、経営者の手腕が問われる点でもある。
しかし、変えることによって、メリットもたくさんあるはずだ。
社員はもちろん、顧客や社外の方へも、意気込みが感じられると一気に求心力が高まる可能性も秘めている。
全てを白紙に戻す状態までの覚悟が新ブランドなのか疑問に感じてならない。

ちなみに余談だが、かつてドコモ経験者の私であったが、auに変えた時に格段に値段が安くなったのを今でも記憶している。

このロゴが吉と出るか凶とでるか、今後の巻き返しに期待してみようではないか。








クリエイティブエージェンシー ミュー
文字の扱いを得意とする当社では、エディトリアルデザインの豊富な知識と経験を活かし、それを平面にも立体にも展開させることで、他との差別化に成功して おります。専門的な学問、豊富な知識と経験は他のデザイン事務所に類を見ない


←menuへ